八百屋おやおや「伝言板」

アクセスカウンタ

zoom RSS ここだけの話ですが・・・ by 佐々木優子

<<   作成日時 : 2016/11/02 16:36   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ここだけの話ですが・・・

佐々木優子

 「素に戻っちゃたな・・・」素顔・素足・素手・・・の素。そして、セシウム、ストロンチウム、ウランなどの元素の素。放射能汚染は元素だから厄介です。見えない、臭わない、そして、くっつくから。

 そういえば、素(もと)ちゃんと言う名の保育士さんがいました。彼女曰く、その名は他の誰とも重なることがないそうです。「それは、すばらしい!」ちなみに、うちの娘の名前は夫が付けたのだが、そして決して安易につけたわけではないのだが、いたる所で重なります。出産した病院の受付で同じ名前が呼ばれて以来ずっと、です。ですから常にササキ○○ちゃん、と呼ばれています。とほほ…。

 前述した素ちゃんは、娘が幼少の頃通っていた園の保育士さん。無認可なのですが、そこには徹底した保育思想があり、それに共感した人が集まっていました。雨の日以外は外遊びが基本。子供たちを乗せた園バスが市内の公園へと連れ出します。異年齢の子供が30人くらいだったでしょうか。草花が芽吹き始めた所、水遊びができる所、木の実が豊富に落ちている所など季節感のある公園を渡り歩きます。緩い管理の中で子供が自由に遊べる園というのは意外に少ないものです。うちの娘は幼稚園に入る前の一時だけ、幼少という事で親同伴、私も一緒に通いました。震災を経て思うことは、原発事故前の土や木の実などの自然に、娘が触れることが出来た事は貴重なことです。

 松本から茨城に戻り、体に急激な変化はありませんが、風邪をひきやすくなったことや、娘のアトピー性皮膚炎が再発したことは気がかりです。私の目がチクチクして痛いこと、体がやたらだるい事は、「年だから」とか「更年期障害だからよ」、などと言われて流されてしまうだけですが。

 娘の症状は、汚染と何らかの関係があるのでは・・・、と気になりだしたらもう大変です。放射性物質の元素が土や木などに吸収されていくように、娘の体中に入っていくことをイメージしてはいけないのです。悪夢が甦ります。雨風を避けることや、埃を吸わないわけにはいかないのですから。今、この土地で暮らすためには、恐怖心はそっと脇に置いておくことです。でも、完全に忘れたりすることはできません。いつ、しっぺ返しを食らうかわかりませんし。「死の灰」とはよく言ったものです。目の前にそれがあることを頭の片隅にいつでも置いておく、それが大切です。

 忘れずに、しかし恐怖心を煽らないという状態を続けることは非常に緊張を強いられることです。ですから自然と鈍感になることや忘却は、ある意味、私を守ってくれているのです。恐怖心の中で生きることはできません。そういうわけで、私はかなり震災前の状態に戻りました。くやしいことに「素に戻ったな」、と思うことがたびたびあります。先日は、草むらの中をザクザクと歩いてしまいました。一年前には出来なかったことです。久しぶりの土の感触は靴底を通してもその柔らかさが伝わり、そして湿った匂いが体にまとわりついて何とも言えない気分に陶酔しました。土を避けては生きていけない。その日を境に、娘が見ていない時にこっそりやっています。娘に対しては相変わらずで、放射能云々の小言や、給食の停止は継続中です。たまに思います、私は免罪符をこしらえているのかもしれないって。万一、娘に何かが起きた時、私はできるだけの事をやったのよ、ってね。

 この土地では、こういう心の内を思いっきり話すことが出来ないのは非常に辛いことです。松本で母子避難生活をしていた時は本当に救われました。私と同じ思いの人と話すことができたからです。しかし、ここでは沈黙です。この何とも言えない閉塞感。息苦しさ。鬱々した毎日・・・。

 そんな日々を送る私の前に現れたのが、フィリピンのドゥテルテ大統領。あの暴言の数々。すぐに非を認め謝罪するところがなんだか憎めないし。あっぱれです。もう目が離せません。大麻撲滅を強化するために、裁判にかけずに死刑にしたことや、愛人がいたことを公言することなど、風貌もまるでマフィアのボスみたい。しかし弱者には非常に優しいようです。そして、名言もあります。「そうですよ、玄関マットのように人を扱ってはいけませんよね。」国民の支持率が圧倒的ですから、本音で生きる彼こそが今の時代には必要なのかもしれないな、と感じます。

 そして、裁判の公平性について、震災以降、私は首を傾げずにはいられません。それは原発事故や再稼働についての範囲内の事ですが。裁判をする、しないの前に、公平性を確かなものにしてほしいです。それは世界共通のこと。

 願わくは、ドゥテルテ大統領、原発を稼働する、なんてことは絶対言わないで欲しいものです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ここだけの話ですが・・・ by 佐々木優子 八百屋おやおや「伝言板」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる